0120-08-1848

お問い合わせ 平日9:00〜18:00

0120-08-1848

ISO450001 労働安全衛生マネジメントシステムの取り組みについて

ASNOVAの取組

労働安全衛生の向上に役立つISO45001の活用法

概要

労働安全衛生の改善が求められる現代において、各社でも労働安全衛生マネジメントシステムの取り組みに対応していくことが重要です。弊社では2021年より先を見据えて機材センターへISO45001を導入する計画を始動させており、2022年2月には 京都京田辺センターが初回認証登録されました。京都京田辺センターで行っている活動内容を全センターへ横展開していくことで、どの機材センターにおいてもより安全により健康的に誰もが安心して業務を行えるよう活動を続けております。この記事ではISO45001の基礎的な理解と弊社での活用法についてご紹介いたします。

本文

ISO45001とは

ISO45001は、国際標準化機構(ISO)が制定した、労働者の安全と健康を守るためのマネジメントシステム規格のことを指します。ビジネスにおける労働安全衛生の管理と改善を主目的としており、作業中の労働事故や職業病のリスクを最小化させ、予防するための仕組み作りを支援しています。具体的には、リスク評価や従業員への情報提供、緊急時の対応計画など、労働者の健康と安全を確保するための必要事項が明記されています。PDCA(Plan/Do/Check/Act)すなわち、計画・目標→実施・運用→監査・評価→方針→計画・目標・・・というサイクルに基づいて運用されるため、継続的改善を通じて労働事故の削減や生産性向上を図ることが可能です。

なお、ISO45001を実施するためには、各組織が自己評価を行うだけでなく、第三者機関による認証を取得することが求められます。認証を取得することで、組織の安全衛生マネジメントのレベルが国際基準を満たしていることを保証されるので、社会における組織の信頼度の向上も図れます。

ISO45001導入の効力

ISO45001を導入することで、従業員が安全な環境で働くことができれば、その信頼感とモチベーションは飛躍的に向上します。さらに、企業のイメージやブランド価値も向上し、組織の経済的なパフォーマンスにも寄与することができるでしょう。

ISO45001の活用法①:リスク評価と対策の実施

ISO45001を活用する最初のステップとして、組織全体のリスク評価が挙げられます。ここでのリスク評価とは、事業を運営する上で潜在的に存在する危険性を同定し、その影響と発生確率を判断するプロセスを指します。さらに、評価結果に基づいてリスクを適切に管理し、労働環境を改善するための具体的な対策を立案し、実施が求められます。

→ ASNOVAの取り組み:外部の課題・内部の課題をあげたり、利害関係者を区分化し、ニーズや期待、要求事項について定期的に見直しをしています。これらの内容に対し、マネジメントリスクを一覧にして、各項目の具体的な取り組み方法を決めて機会を追及したり、低減予防を行っています。

ISO45001の活用法②:継続的な改善の推進

ISO45001の収益性が成長する秘訣の一つは、組織上での継続的な改善を強く奨励する特性にあります。これはPDCA(計画・実行・点検・改善)というアプローチを通して実現されます。安全衛生マネジメントのパフォーマンスを定期的に見直し、評価していくことで、情報の検討や新たなリスクの確認、さらなる改善策の探求などが可能になります。

→ ASNOVAの取り組み:リスクアセスメント表に危険性と発生の恐れのある災害の例を挙げ、その内容に対する実施対策結果や追加低減措置案などの履歴を残していくことで常に措置対応ができ、見直しができるような仕組みになっております。

ISO45001の活用法③:コミュニケーションと教育

ISO45001をうまく活用するためには、社内コミュニケーションは重要な要素となります。この規格は労働安全衛生の情報を労働者全員と共有し、相互理解を生むことを求めます。また、安全衛生教育や研修の対象となるトピックを特定することで、指導や教育が容易になり、結果として全員の安全意識が高まります。

→ ASNOVAの取り組み:年に一度認定取得センターである京都京田辺センターおいて、消防&救助などの緊急事態訓練を行っています。また、事故発生時の従業員を運ぶための布製の簡易担架、高所作業用の高馬などは全センターで保有しております。

ISO45001の活用法④:各機材センターへの横展開

弊社では労働安全衛生マネジメントシステムの一環として、各機材センターへ下記内容を展開しています。

・救急箱の点検(設置の有無・中身)、簡易担架追加(ISO45001)
・高さ1.5mを超す箇所での作業用に可搬式作業台の設置
・緊急連絡組織網の展開
・安衛則151条の7 「接触の防止」措置 看板設置
・リスクアセスメント表の展開(ISO450001)
・安全基準の周知(ISO45001) 

ASNOVAの安全衛生方針

弊社では上記安全衛生方針を掲げております。社員全員が規定を守り安全且つ健康に安全衛生を改善していくことで、お客様にも最大限のパフォーマンスで安全と安心を提供できる様に努めてまいります。

まとめ

ISO45001を活用することで、労働事故や業務中の健康問題の削減、生産性の向上、信頼関係構築など、組織にとっての多くのメリットが得られます。また、持続可能性を追求する組織にとっても、ISO45001は重要な道具となることでしょう。皆様もぜひ、ISO45001の導入と活用を検討してみてください。

ASNOVA編集部

ASNOVA編集部です♪足場に関する豆知識や業界情報を定期的に発信しています!ちょっとした暇つぶしにご覧ください!

CONTACT
お問い合わせはこちら

足場機材のレンタルや販売、その他ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
担当営業が対応いたします。

足場事業の成長に役立つ足場機材の運用ノウハウ

足場事業の成長に役立つ
足場機材の運用ノウハウ

ASNOVA式!『足場運用ノウハウ』を無料で公開しております。ダウンロードしてご活用ください。

お電話でのお問い合わせ

【営業時間】9:00-18:00