0120-08-1848

お問い合わせ 平日9:00〜18:00

0120-08-1848

親綱とは?概要と使い方を解説!

この記事では、親綱の概要と親綱使い方、品質管理についてわかりやすくご紹介します。

親綱とは

足場・建築現場で利用する親綱とは、高所作業時に、作業員が安全帯をかけるために設置するナイロンやポリエステルなど繊維質で作られた綱やワイヤーが入ったロープのことで、擦れに強く耐候性に優れています。

親綱支柱(※)と親綱緊張器と合わせて設置し、フルハーネス安全帯(墜落制止用器具)などのフックを引っ掛けることで、万が一の墜落・転落による事故が起こらないように使用します。

※親綱支柱に関してはこちらの記事でも紹介しています。

ニューテトロン水平親綱(緊張器付)

親綱の使い方

まず最初に、親綱を使用するときには親綱の強度だけでなく親綱支柱の強度も確認する必要があります。落下阻止性能試験基準を満たしているか確認しましょう。

鉄骨用親綱支柱は1スパン10m以内で設置することを注意してください。

続いて親綱の確認です。親綱をピンと伸びるように張りましょう。張りが緩いと事故の原因になります。

親綱ロープは1人につき1スパンで作業し、2人作業時には親綱ロープを2列設置することが必要のため、注意してください。(1人に対して1スパンの使用が原則です。)

最後に親綱をフルハーネス安全帯に接続してください。

なお、安全帯についてはこちらの記事で詳細が確認できます。

親綱の品質管理

人命を託す親綱の品質管理は非常に重要です。

ロープに以下のような心配が無いかを常に確認しましょう。

・ロープに切り傷等の損傷があるもの

・著しい摩耗又は溶断等の損傷があるもの

・親綱として使用中,落下衝撃を受けたもの

・長年使用したもの

まとめ

親綱は高所での安全作業に使われる部材で、安全帯の装着に必要です。

親綱はナイロンやポリエステルで作られ、耐候性や擦れに強いことが特徴です。

親綱は親綱支柱と親綱緊張器と組み合わせて使用し、墜落事故を防ぐ役割を果たします。

親綱の設置時には支柱の強度や位置に注意し、親綱ロープの張り具合も確認します。

親綱の品質管理は事故予防に欠かせません。

ASNOVA編集部

ASNOVA編集部です♪足場に関する豆知識や業界情報を定期的に発信しています!ちょっとした暇つぶしにご覧ください!

CONTACT
お問い合わせはこちら

足場機材のレンタルや販売、その他ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
担当営業が対応いたします。

足場事業の成長に役立つ足場機材の運用ノウハウ

足場事業の成長に役立つ
足場機材の運用ノウハウ

ASNOVA式!『足場運用ノウハウ』を無料で公開しております。ダウンロードしてご活用ください。

お電話でのお問い合わせ

【営業時間】9:00-18:00