足場材のメッシュシートとは?役割や法規定、認定基準をご紹介

足場のTIPS

足場材のメッシュシートとは?役割や法規定、認定基準をご紹介いたします

今回は仮設資材のメッシュシートについてご紹介いたします。

建設工事や外壁塗装などで足場を作るときに、必ず設置しなくてはいけないものに「メッシュシート」があります。

外で見かける足場に全体を覆うようにカバーがついているのを、見かけたことはありませんか。
これは安全上の観点から必ず設置しないといけないよう法令上決まっています。

今回は建設現場などで使用される足場材のメッシュシートとは?役割や法規定、認定基準について詳しくご紹介いたします。

足場材のメッシュシートとは?

メッシュシートとは、足場作業中に材料や工具など落下するのを防止したり、洗浄時の水や塗装時の塗料が現場以外に飛散するのを防止するために、安全に配慮し、足場を覆うように足場の外周に設置されるシートです。「養生シート」「飛散防止ネット」とも呼ばれます。

メッシュ(網の目)という名前の通り、シートには穴が開いているので、風通しがよく、夏場でも施工性が高く、また工事現場内に塗料の臭いが充満するのを防いでくれます。

ただし、メッシュシートを取り付けた場合の安全性の注意点があります。
例えば風が強いときにメッシュシートが足場を崩す原因になってしまうことです。

ブルーシートよりも風の影響が受けにくい作りにはなっていますが、風の煽りをうけやすいので、もし急な天候不良など風の影響が出てしまいそうなときなど、万が一のときに備えた準備をしておくことも大切です。

足場を強化することばかりに目が行きがちですが、メッシュシートの設置に関しても補強するなど、安全確保することが求められています。

足場材のメッシュシートの役割

メッシュシートの役割は、現場で働いている作業員の危険をできるだけ防止するだけでなく、周辺の通行人や建造物などの危険や損壊を防止するためのものです。
例えば、作業中に使用していたものが落下してしまうと、足場で作業している作業員だけでなく、その周辺にいる作業員や通行人などの怪我の原因になってしまうこともあります。
また、塗装などで足場を組んでいるときに、他の住宅に付着してしまい通行人に飛んで汚してしまうリスクもあります。

足場材のメッシュシートに関するの法規定

建築基準法施行令によると、境界から5mの範囲のなかに7m以上の高さの建物があるケースでは、足場を鉄網やシートで覆う、もしくは工事現場周囲を仮囲いによって囲むなどの条件が決められています。

法令上、必ず設置しなくてはいけないものではありませんが、もしものときを考えて設置するのが望ましいとされています。
もし家などの建物や道路に落下してしまった場合は、工事に関係のない第三者に人的な危害を加えることになってしまいます。

足場材のメッシュシートの認定基準

足場材のメッシュシートの認定基準に関しては、社団法人仮設工業会によるガイドラインがあります。
では、社団法人仮設工業会による足場メッシュシートの認定基準をチェックしていきましょう。

メッシュシートの素材

メッシュの網地の材料等は合成繊維でかつ難燃性のもの又は防炎加工を施したもの、日本工業規格A8952(建築工事用シート)に定める防炎性を有するものである必要があります。

そしてはとめの材料は、強度、性能に均一性を有し、著しい経年劣化をきたさないもの、また縫込みロープを用いるものにあってはこれがナイロン等の合成繊維のものでなければなりません。

メッシュシートの構造材

構造に関しては、メッシュシートの網地をチェックし、、切れ、ほつれ、ゆがみ、織りむら等の使用上有害な欠点があってはならない、メッシュシートの各辺の縁部は、はとめ等が容易に外れない構造のものであることなども定められています。

その他、一般社団法人仮設工業会の試験をクリアしていることなどが設置基準を満たすために必要となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?足場材のメッシュシートとは?役割や法規定、認定基準について詳しくご紹介いたしました。

足場工事などで使われるメッシュシートは、足場の危険性を軽減したり、落下物の防止、周囲の住宅や道路に迷惑をかけないようにするための、重要な安全策とも言えます。
工事は余計なトラブルを起こすことなく、作業が円滑に進むのが一番です。

改めてメッシュシートのおさらいをしておきます。

  • 足場を覆うように足場の外周に設置されるシート
  • メッシュシートは、「養生シート」「飛散防止ネット」とも呼ばれる
  • メッシュシートの役割は、現場で働いている作業員の危険をできるだけ防止するだけでなく、周辺の通行人や建造物などの危険や損壊を防止
  • 建築基準法施行令によると、境界から5mの範囲のなかに7m以上の高さの建物があるケースでは、足場を鉄網やシートで覆う、もしくは工事現場周囲を仮囲いによって囲むなどの条件が決められている
  • メッシュシートの認定基準に関しては、社団法人仮設工業会によるガイドラインがある

ASNOVA編集部からのコメント

ASNOVAでは、メッシュシート(Ⅱ類)の各種サイズを取り揃えております!
カラーもブラック、グレー、ブルー、ホワイト、グリーンまで幅広く取り揃えております。詳しくはお問い合わせください。

ASNOVA編集部

ASNOVA編集部の柴山です♪足場に関する豆知識や業界情報を定期的に発信しています!ちょっとした暇つぶしにご覧ください!

CONTACT
お問い合わせはこちら

足場機材のレンタルや販売、その他ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
担当営業が対応いたします。

足場事業の成長に役立つ足場機材の運用ノウハウ

足場事業の成長に役立つ
足場機材の運用ノウハウ

ASNOVA式!『足場運用ノウハウ』を無料で公開しております。ダウンロードしてご活用ください。

お電話でのお問い合わせ

【営業時間】9:00-18:00