次世代足場「アルバトロス」とは?特徴についてご紹介

足場のTIPS

次世代足場「アルバトロス」とは?特徴についてご紹介いたします。

次世代足場という言葉を聞いたことがありますか?

次世代足場とは、「枠足場」「くさび緊結式足場」「単管足場」などの規格を洗い直した次世代規格ともいえる足場の総称です。

今回は次世代足場「アルバトロス」とは?特徴についてご紹介いたします。

次世代足場「アルバトロス」とは?

「アルバトロス」は従来の枠組足場・くさび緊結式足場・単管足場などの規格を洗い直し、それぞれの足場が持つメリットを活かした新しいコンセプトの足場で、次世代足場と称されます。

もちろん安衛則改正、手すり先行工法ガイドラインの規準に適した手すり先行工法が標準仕様で安全性、作業性、経済性を極限まで追求した足場です。

アルバトロスは従来の枠組足場と異なり、構成部材の先行手すりを使用することでより確実な手すり先行工法を実現しています。
足場の内側に補強がなく支柱プレートも小さいため、足場内部のスペースを広く取ることができる、スムーズな通行や作業ができます。

また、アルバトロスは仮設工業会認定品のシステム承認において、業界最多の承認水準を持っているのがアルバトロスなのです。

  • 仮設工業会認定品とは
  • 一般社団法人仮設工業会の個別に定める強度、材質等の認定基準試験に合格した製品を指しますが、システム承認品は、使用方法(本足場使用、支保工組等)一体で試験を行い、支柱1本あたりの許容支持力を試算したものです。

アルバトロス以外の次世代足場には、ホリー株式会社の「Iqシステム」、東坂工業株式会社の「ファステック」、アサヒ産業株式会社「ミレニューム」など、ここで挙げた以外にも次世代足場の開発は進められています。

「アルバトロス」の特徴?

足場上でのストレスが少ない広い作業空間

枠組み足場と比べると足場内側に張出した邪魔な補剛材がなく、階高は従来の枠組足場の階高1700mmと比較して100mm高く確保されています。
また、踏板の幅は、従来のクサビ緊結式足場の400mm幅に対し、500mm幅を採用しているため、広い通路・作業スペースにより、ストレスのない快適な作業環境が実現されています。

軽量・コンパクトな部材で作業効率アップ

アルバトロスで使用する部材は枠組に比べコンパクトな形状のため組立・解体時の仮置きも小さなスペースで可能です。
また、中さんも兼ねた軽量な先行手すりブレスにより作業効率もアップ。
労務費と運搬費両面でのコスト削減が可能です。

フランジ式の手すり

アルバトロスでは、フランジ式の手すりが採用されています。
フランジ式では、支柱フランジに横から差し込んで取り付けを行う為、両側の緊結部分を同時に抜く必要がなくなっており、作業者の負荷軽減・作業効率の向上に繋がっています。
さらに、アルインコはフランジ位置寸法により支柱下端より350mm(アルバトロス)、支柱下端より380mm(トリプルエース)の2タイプの次世代足場を開発していますので、用途に合わせて最適なタイプを選択可能です。

支保工が可能

アルバトロスでは支保工が可能な仕様なっており、アルバトロスの最も特徴的な点です。支柱上部に接続用として溶接された「ほぞ方式」ではなく着脱可能な連結ピンタイプにすることにより、専用のカラー材なしで大引き受けジャッキの使用ができ、支保工としても使用可能です。

コーナーに適応した布材

アルバトロスは、コーナーにも適応し安全に布材を設置できます。
支柱から布材は四方に伸ばせますので入隅・出隅の多い躯体にも枠組足場のように縁を切ることなく、X方向・Y方向に足場を連続させたまま設置することが可能です。

大組・大払しが可能

アルバトロスでは、手すり・支柱の結合部に抜け止め機能を設置しています。
大組・大払しに適し、安全性・効率性に優れます。

コンパクトな梱包

アルバトロスは梱包性に優れ、従来よりも40%コンパクトに梱包が可能です。資材の梱包効率が向上していることで、保管効率・積載運搬効率も大幅に向上しています。

強度・信頼性・安全性が高い部材

布材が抜けやすい従来の「ポケット式くさび足場」と異なる「フランジ貫通式くさび足場」により高い剛性と信頼性が実現しています。プレート(支柱フランジ)厚8mmを採用することにより強度を上げ、曲がりにくく耐久力が向上しています。
また、据置き型の手すり先行工法により高い安全性が確保されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?次世代足場「アルバトロス」とは?特徴や市場相場について詳しくご紹介いたしました。

今回は、次世代足場「アルバトロス」とは?特徴についてご紹介いたしました。
次世代足場は従来の資材に比べて安全性・効率性が飛躍的に向上していることが分かります。
アルバトロスは従来の枠組足場と異なり、構成部材の先行手すりを使用することでより確実な手すり先行工法を実現しています。また、足場の内側に補強がなく支柱プレートも小さいため、足場内部のスペースを広く取ることができる、スムーズな通行や作業ができます。

改めて次世代足場「アルバトロス」の特徴についておさらいをしておきます。

  • 足場上でのストレスが少ない広い作業空間
  • 軽量・コンパクトな部材で作業効率アップ
  • 強度・信頼性・安全性が高い部材

ASNOVA編集部

ASNOVA編集部の柴山です♪足場に関する豆知識や業界情報を定期的に発信しています!ちょっとした暇つぶしにご覧ください!

CONTACT
お問い合わせはこちら

足場機材のレンタルや販売、その他ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
担当営業が対応いたします。

足場事業の成長に役立つ足場機材の運用ノウハウ

足場事業の成長に役立つ
足場機材の運用ノウハウ

ASNOVA式!『足場運用ノウハウ』を無料で公開しております。ダウンロードしてご活用ください。

お電話でのお問い合わせ

【営業時間】9:00-18:00