足場が隣地に越境してしまう際の対応方法をご紹介

足場のTIPS

足場が隣地に越境してしまう際の対応方法をご紹介いたします

足場工事の際の空中越境という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

大阪や東京をはじめ、都市部の住宅地は、敷地いっぱいに建物を建てていることが多く、隣の家と幅(余地)・境界が異常に狭いケースがあります。

工事に関してお隣に迷惑をかけたくないというのが誰もが思うところではないでしょうか?

こんな時、外壁塗装など足場が必要になる施工はどのように行っているのか疑問に思っている方も多いかと思います。

住宅密集地や狭小地で足場施工が必要になった際の対処方法について解説していきます。

足場の空中越境とは?

建物に沿うように敷地内ギリギリに足場を建て、頭が当たらない程度のところから、空中にせり出すような形で足場を組み、作業するためのスペースを確保することを「空中越境」と言います。

このとき空中にせり出した足場は隣地にはみ出している状態(空中越境)です。

ちなみにお隣が足場の組み立てに敷地内への越境を承諾してくれるようであれば、空中越境などせずに普通に足場を組みます。

足場を設置するのに最低限必要な幅

足場を設置するのに最低限50cm程度の幅が必要になります。

隣地との幅が50cm未満あれば通常の足場設置ができなくなるのでですが、その場合は別途対応を考える必要があります。

足場設置に境界50cm以上が必要な理由

法的に足場先行工法のガイドラインでは、足場の作業床の最低基準が24cm幅とされています。

その場合、実際に足場を組むと足場の骨格を入れ50cm以上の幅が必要となってきます。

足場と建物の間に設ける距離

一般的に足場と建物の間に必要な距離は60cm程度です。
例えば外壁塗装の場合、外壁に手を伸ばして刷毛やローラーを持って塗るのに最適な距離と言われています。

しかし、実際のところは外壁塗装や清掃、大工工事、左官工事・雨どいの交換など作業ごとに最適な足場の距離は若干違ってきます。

なぜなら、大工工事の場合、大工は壁を作る前の材木などを持ったり、支えなければならない事が多いからです。そのため大工工事では塗装作業よりも足場は近くなります。新築住宅の工事では主役である大工さんの距離感に合わせて足場を作られます。

足場設置に必要な境界50cmがとれない場合

実際問題、大阪や東京をはじめ、都市部の住宅地では近隣との境界スペースで50cm以上の間隔が十分とれている現場は多くありません。

そこで重要になってくるのが、境界に人が通過できるかです。人さえ通過できれば作業は可能なので、足場を設置できるかどうかも境界に作業者が通過できるかが判断基準です。

境界50cmが取れない現場で足場設置の判断をした場合は、狭小地用単管足場を採用することが多くあります。

境界に十分な幅がない場合の対応方法

では、境界に十分な幅がない場合の対応方法をご紹介します。

    敷地境界の余地がない対処法
  1. 境界の余地がなくても空間に余裕があるか確認
  2. 空間に余裕がある場合、近隣に敷地使用の承諾を得られるか交渉
  3. 承諾を得られた場合、通常足場の設置
  4. 承諾を得られなかった場合、狭小地用単管足場を利用し空中越境

近隣の敷地使用の承諾

近隣の方の敷地を利用させていただく場合は、近隣の敷地使用の承諾をいただく必要があります。
近隣の敷地使用の承諾に関しては、民法209条に明記されており、2021年に改正が行われているので、最新の情報を把握しておきましょう。

民法第二百九条(隣地の使用請求)
土地の所有者は、境界又はその付近において障壁又は建物を築造し又は修繕するため必要な範囲内で、隣地の使用を請求することができる。ただし、隣人の承諾がなければ、その住家に立ち入ることはできない。
2 前項の場合において、隣人が損害を受けたときは、その償金を請求することができる。

まとめ

今回は、都市部で隣との境界が狭い場合の境界問題について、足場が隣地に越境してしまう際の対応方法をご紹介しました。

住宅密集地において、近隣の境界問題は昔から起こっているよくある問題です。境界の狭いところで足場の設置を行う際は、ご近所の方にも事前にご挨拶をしておくことで、余計なトラブルを防ぐことにもなります。

大阪や東京をはじめ、都市部の家の場合、隣の家と幅・境界が狭くても足場の設置ができるのか疑問に思っている方の疑問が解決できましたら幸いです。

ASNOVA編集部からのコメント

足場というものの歴史は長く、足場は社会と密接にかかわってきました。その足場を生業にしている当社は、社会における足場の存在価値を広めていきたいと思っています。
越境は致し方ない事だと思いますので、是非近隣に越境する場合は住民の方に一言ご挨拶をお願いいたします。それだけでお互い気持ちよく仕事ができます!

ASNOVA編集部

ASNOVA編集部の柴山です♪足場に関する豆知識や業界情報を定期的に発信しています!ちょっとした暇つぶしにご覧ください!

CONTACT
お問い合わせはこちら

足場機材のレンタルや販売、その他ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
担当営業が対応いたします。

足場事業の成長に役立つ足場機材の運用ノウハウ

足場事業の成長に役立つ
足場機材の運用ノウハウ

ASNOVA式!『足場運用ノウハウ』を無料で公開しております。ダウンロードしてご活用ください。

お電話でのお問い合わせ

【営業時間】9:00-18:00